なんて綺麗なんだろう・・。そう思ったのはショッピングセンターにある画材屋さんで見た色鉛筆でした。色鉛筆に興味を持ったことなんて小学校以来です。特に絵をかく趣味は今のところやりたくても余裕がなくてするつもりはないんですけど様々なカラーの色どりが並んだ色鉛筆セット(私が見たのはセット)がただの絵をかく道具としては勿体ないって思わせるくらいのものだったのです。

インテリアまではいかなくても飾っても全然素敵に見えました。「何かの高級ブランド会社が出した画材なのかしら?」思わずそう思ってしまいました。まあ、その日はそれだけで家に帰ったんですけど後ほどネットで探してみたらありました。その製品の紹介を見てみたらプロアーチストと呼ばれる人々にとって、なくてはならない道具として 長い間愛されてきた商品だそうです。

「やっぱり、どことなく上品な感じのする色鉛筆だったな〜」なんて。私が見たケース入り(缶入り)は36色の色鉛筆でお値段も安くない価格でした。最近絵を描き始めたって人には贅沢な品物かもしれません。プロ向けって感じがします。その缶入りに印刷されたイラストがものすごく高級感漂ってるんですよ、なんか日本の製品って感じがしません。詳しく調べればわかりそうだけど調べ方がわかりませんでした。

でもきっと普段から絵をかくことをしている人にはこの製品がどこで生産されてるかってご存知ではないでしょうか?これの120色セットなんかもあるみたいです。プレゼントされたら絵を書かない人でも喜んでいただけそうな感じでしたよ。


最近のエントリ

カテゴリ

「本サイト及び広告会社においてCookieやウェブビーコンを使用しています、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、 ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。」
Copyright (C) MinCafe. All Rights Reserved. kan-so